United We Stand

2001.9.11-いつもなら、午後10時すぐにすべてのクラスが終わり、そのまま帰るのですが、その日に限って台風情報が気になり、オフィスのテレビのスイッチを入れました。

目に飛び込んできたのは、アクション映画の1シーン?

10日ほど後に母と共に訪れるつもりだったニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワーにユナイテッド航空とアメリカン航空の旅客機が飛び込んだ。

1981年にアメリカの高校を卒業し、その卒業20周年の同窓会に出席する際に、母を初めてアメリカ大陸に一緒に連れて行くつもりでした。

結局、テロ事件が原因で、私一人で渡米。

太平洋をテロに利用されたユナイテッド航空機で渡りました。とても空席の目立つフライト。ニューヨークに着くとまず目に入ったのがこの星条旗と「結束して我々は立つ」というポスターでした。一瞬、ユナイテッド航空はだいじょうぶです。という意味かと思いましたが、これはすぐ誤解だとわかりました。「我々はテロに屈せず、しっかりと立っているぞ!」という意味。街中にあふれる合い言葉です。

■ 被災地レポート

1/UNITED WE STAND=団結して立ち上がろう/このページです。
2/SQUARES=広場(タイムズ&ワシントン)
3/PRAYERS=祈り(献花に訪れる人は絶えない)
4/MEMORIES=想い出(突然いなくなった貴方へ)
5/ONE BLOC TO WTC=ワールドトレードセンターへ1区画
6/ON THE STREETS=マンハッタンの街角で
7/WHITE HOUSE FAR AWAY=遠きホワイトハウス

編集後記


▲ページトップへ